どのような基準によってFX会社を選択すべきか

42i3isdスプレッドはどれくらいか

FXで通貨の買値と売値の差をスプレッドといいます。FX会社ではこのスプレッドによる差額を手にすることで、手数料を無料にしている会社が多く見られます。このスプレッドは取引会社によって異なるのは勿論、取引を行なう通貨ペアによっても異なるため事前に自分が取引を行なおうと考えている通貨ペアについて色々な取引会社のスプレッドを事前に調べておきましょう。このスプレッドが小さければ小さいほど投資家側には小さなコストでポジションが持てることになります。

レバレッジの設定は何倍まで可能か

FXでは小額でも多額の通貨の運用を可能とするレバレッジをかけることができます。このレバレッジは取引会社によって異なります。自分の取引の方針にあった取引会社を選べば良いのですが、レバレッジが大きければ大きいほど、得られる利益が大きくなる反面損失も大きくなることに気をつけなればいけません。高レバレッジで運用したい方でも、初心者であれば最初は高くても3倍程度までのレバレッジで相場に慣れることから始めて、慣れてきたら次第にレバレッジを高くしていく方法をお奨めします。出金にも強いiForexはレバレッジの高さに定評があります。

スワップポイントがどれだけ付くのか

FXでは選択した通貨ペアについて発生している金利の差をスワップポイントとして受け取ったり、支払ったりします。このスワップポイントも取引会社によって異なりますので、長くポジションをホールドすることを考えている場合や、スワップポイントで利益を得ることを考えている場合には事前に各取引会社のスワップポイントの設定を調べましょう。

数多くの通貨ペアが取り扱われているか

取引できる通貨ペアの設定も取引会社によって異なります。取引を行ないたい通貨ペアが扱われているかどうかについても事前の確認を怠らないようにしましょう。

信託保全・分別保管といった資金管理について

これは投資家が取引会社に預けたお金の管理や保管を取引会社が会社のお金とは別に行なっているかどうかということで、これがきっちりとされていないと取引会社の破綻など何かあった場合に投資家が預けたお金も差し押さえの対象となってしまい、投資家のもとに戻ってこないという可能性があります。このため事前に証拠金として預けるお金がしっかりと信託保全、分別管理がなされているかどうかをホームページやパンフレットなどによって必ず確認をしましょう。以上のFX比較検討基準を抑えて、自分に最適な業者を利用しましょう。