FXでの利益どんな場合に確定申告の必要性が出てくる?

242i3iQ.

私は年収600万円のサラリーマンで、年間通じてFX取引で15万円の為替差益と、10万円のスワップポイントの利益を得ました。また、この2つの取引はいずれも現時点で利益確定済みであり、取引は終了していますが、このような場合は確定申告の必要性が出てきますか?

A.

必ず確定申告を行わなくてはなりません。まず年収だけを見てみると、「給与収入が年間2000万円を超える方」との申告条件には当てはまりませんから、確定申告せずとも良いと思いがちです。

ただ、「給与所得は1ヶ所のみという場合でも、他の箇所から20万円を超える所得金額を得ている場合(給与所得や退職所得を除く)」という条件に当てはまりますから、確定申告は行う必要性が出てきます。また課税される金額は、為替差損益とスワップポイント損益を合算し、利益から差し引いた金額となります。その上で、今回の相談者のケースでは為替差益は15万円、スワップポイントによる利益は10万円と確定していますので、15万円+ 10万円= 25万円、という利益となり、給与所得以外の収入が20万円を超えています。よって、確定申告は必要です。

Q.

FXでは300万円利益を上げたのですが、現物株式の取引で320万円損失を出しました。2012年からは税制が変わって、FXの利益は現物式での取引と通算して申告して良いルールとなったようですが、私のように外国為替証拠金取引での利益よりも現物株式の損失が上回る場合、確定申告しなくても大丈夫でしょうか?

A.

結論から申し上げると、確定申告を行う必要性があります。「給与所得は1ヶ所のみという場合でも、他の箇所から20万円を超える所得金額を得ている場合(給与所得や退職所得を除く)」という事項に該当するからです。

また、確かに2012年の法改正により店頭外国為替証拠金取引に関する課税ルールが変更となりましたが、しかし現物株式の利益や損益は、FX取引の利益とは通算できません。くりっく365・CFD・・大証FX・大証225先物・くりっく株365・オプション、といった取引であればFXでの利益と通算することが可能です。

確定申告の際は課税対象の取引期間にご注意をまた、個人で申告する方は課税対象となる取引期間には注意が必要です。まだ決済完了となっていないポジションの評価益やスワップポイントの評価益といった含み損については、申告期間外となります。どの取引においても決済が完了し、スワップポイントなどの利益が確定した時点を以て、確定申告の対象となります。確定申告は外為取引戦略には関係無いと思っているかもしれませんが、そうではないことがお分かり頂けたと思います。